患者様の気持ちがわかる

歯科の診療所の特徴といいますか、医科と違うところ。

医科では内科や外科、眼科、皮膚科、小児科、産婦人科など、それぞれ専門の科に分かれますが、一般的に歯科ではそれがなく、なんでも治療を行うことになります。

むし歯治療、歯周病治療、かぶせ物の治療、神経の治療、入れ歯の治療、矯正の治療、外科治療、小児治療、矯正治療など。

実際に治療する際、患者様にその治療の利点・欠点などをお話しするんですが、自分が治療する側でも、実際に自分が受けたことのない治療というのは、なかなか患者様にどういったものか伝えにくいこともあります。

たとえば入れ歯。

これは私は入れたことないですし、総入れ歯などの違和感なんかは体験ができません。(大家の先生が自分の歯を抜き、総義歯をわざと作ったという話を聞いたことがありますが・・・)

そんななか、私は今矯正の治療をうけてます。

歯にワイヤーをつけてます。

よく患者様から矯正って痛いんじゃないですか?などと聞かれますが、自分が体験したことで細かく伝えられることがあるなーと思いました。

かといってなんでもない自分の歯を抜いて入れ歯にするなんてできませんが・・・

湘南つばめ歯科
院長 松崎 等


カテゴリー: 治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。